ベーチェット病の知識

ベーチェット病の知識記事一覧

ベーチェット病とは自己免疫疾患の一種で、日本で難病指定もされている病気です。世界規模で見てみるとシルクロード沿いの地域で患者の発生率が高く、日本では北日本に多いです。このようなことから、このベーチェット病の原因は遺伝も関係しているのではと言われています。しかし、まだまだベーチェット病は研究段階にあり、はっきりとした原因が特定できてないのが現実です。治療方法もまだ確立されていません。ベーチェット病は...

ベーチェット病は全身の血管で炎症がおき多彩な症状を示すめずらしい病気です。原因は不明です。体の免疫系が誤って自分の細胞や組織を攻撃する自己免疫疾患と考えられています。日本では難病に指定されているなど、非常に治療が難しい病気です。完全に治ることはないとも言われています。また患者さんには白血球型のHLA−B51を持つヒトがかなりいます。この型を支配する遺伝子に関連する遺伝子が病気の発症と関連があると考...

ベーチェット病とは・口腔粘膜のアフタ性潰瘍・皮膚症状・外陰部潰瘍・眼症状4つの症状が慢性的に再発する前身の炎症性疾患の一種です。その他の症状として関節炎や消火器病変なども発生することがあります。この症状は男女ともに発生率は同じでという研究結果があります。しかし、男性のほうがより重症化しやすい傾向にあります。内臓病変や神経病変、血管病変の発生が女性よりも高い確率で発生しています。特に若年性の発症の場...

ベーチェット病は難病指定されている病気です。症状としては・口内炎が起きやすくなる・皮膚が弱くなり、炎症を起こしやすくなる・眼がぶどう膜炎をおこし、見えにくくなる、見えなくなるこのような症状があります。この病気の原因は現段階では不明であるとされています。主に周辺環境・遺伝が原因ではないかという説があります。この病気はアジアに多い病気であり、それがこの説をさらに理由づけています。この病気は悪化すると、...

ベーチェット病は難病指定されている病気です。この病気は視力が突然悪くなる、口内炎が出来やすくなります。皮膚が急激に弱くなるなどと言った症状が挙げられます。そしてこの病気の症状が進むと関節炎や血管・神経に異常をきたします。麻痺や心臓・腎臓・肺に異常が出るようになってしまいます。この病気は完治する治療法は現在存在しません。現代におけるこの病気の治療法は・皮膚に対する軟膏などでの治療・目の網膜ぶどう膜炎...

ベーチェット病は外陰部・眼・口内・皮膚に炎症が起こることが主な症状として挙げられる病気です。完治させるための手段は現段階では無く、難病指定されている病気です。この病気の原因には環境的なもの・遺伝的なものがあると言う説があります。その説が現在では少しずつですが、解明され始めています。また、免疫の異常が炎症の原因である可能性が高いことが分かっています。更に、その原因として、何らかの経路で微生物が体内に...

ベーチェット病は様々な症状を引き起こす病気です。このベーチェット病は今はまだあまり解明されていない病気です。難病に指定されていて、失明の危険性もある病気です。その原因は遺伝と感染病原体という説が有力のようです。感染病原体が原因なら他人にうつしてしまうことが考えられます。しかし、ベーチェット病に関しては感染はないようです。ベーチェット病は人にうつすことはないと考えていいです。遺伝による発症は考えられ...

ベーチェット病は全身に発症する病気です。通常は目の異常なら眼科いきます。皮膚の異常なら皮膚科といったようにそれぞれの症状で受診する科を決めているばずです。しかし、困るのが難病とされるベーチェット病では?と疑いを持った場合何科を受診すればいいのでしょうか?一番よく考えられるのが大きな病院にいって受付で聞くことや、電話で聞くことを考えます。しかし、大きな病院が近くにないことや、仕事の都合上なかなか大き...

国の難病に指定されているベーチェット病。ベーチェット病が報告されたのは1937年のトルコです。このベーチェット病は様々な症状を引き起こす病気で原因はまだ解明されていません。その為、治らない・・・と考えた方がよさそうです。寛解については長期を必要とすることが多くあります。治療は長期にわたって行っていかなければならないということになります。寛解しても、症状の再発もおこります、つまり一生付き合っていき病...

ベーチェット病は国の難病に指定されています。そして、このベーチェット病は完全型、不全型、特殊型という診断があります。また、ベーチェット病の疑いがあるという診断をもらう場合もあるようです。上記にも記述しましたように、ベーチェット病は国の指定の難病です。そうなると生命保険に入ることができるのか・・・というのは気になるところと思います。このような場合やはり保険の会社からみれば、相当なリスクとなります。通...

ベーチェット病は国の難病に指定されています。それほどに大変な病気です。遺伝とされていて、残念ながら今のところ治ることはありません。合併症が多く、一番重い合併症と言われるのが、ぶどう膜炎を併発した場合の失明です。他にも・口内炎・皮膚症状・関節炎など、様々な合併症があります。遺伝が疑われるベーチェット病この病気の不思議なところはアメリカなどには患者はほとんどいません。しかし、中東や地中海、中国や韓国に...

ベーチェット病は国に指定されている難病です。膠原病の一種とされるベーチェット病ですがいまだにわからないことが多い病気です。そんなベーチェット病ですが重症度基準というものがあります。分類はTからYまでに分類されます。そんな重症度基準を解説していきます。重症度基準とはステージ別になっています。重症度基準Tベーチェット病の主な症状は・アフタ性腫瘍と言われる口内炎・皮膚症状・外陰部主要・眼の症状(ぶどう膜...

ベーチェット病は原因不明の難病です。国の難病ともされています。このベーチェット病はシルクロードに沿った地域に患者数が集中しています。特にトルコに多くの発症者がいます。日本でもその発症者の分布は偏りがあり、北に行くほどに患者数が増加します。このことから、遺伝するということが言われていますが、実際のところの原因はやはり不明です。ちなみにこのベーチェット病はトルコ人医師が1937年に報告した病気です。そ...

ベーチェット病は国に指定されている難病です。シルクロードにそった地域で主に発症者がいることから、別名シルクロード病ともいいます。このベーチェット病ですが、何度か映画やドラマの題材となりました。特にさだまさしさんの原作で映画になった「解夏」で有名になりました。この解夏はベーチェット病の一番怖い後遺症として知られる失明にフォーカスされています。失明に至る過程を描いている映画で衝撃的な内容となっています...