ベーチェット病の症状

ベーチェット病の症状記事一覧

ベーチェット病は、膠原病の一種であり、回復と再発を繰り返す厄介な病気です。比較的マイナーな病気なので、知らない方も多いかもしれません。この病気はトルコの皮膚科医が発見しました。何故か中国・韓国・日本・中近東などのシルクロードで多く見られるのです。患者の多くは20〜40代で、男女差はほとんどありません。この病気は、今のところ原因不明とされています。ベーチェット病の主な症状主な症状としては、慢性的に目...

ベーチェット病とは、主に眼や、皮膚の粘膜に急性の炎症を発作的に繰り返す原因不明の難病です。眼は、この病気の代表的な主症状の一つです。眼痛や羞明、瞳孔不整などを生じ、病変が後眼部に及ぶと、視力低下を及ぼし、失明に至ることがあります。また皮膚症状もベーチェット病の主な症状の一つです、皮膚症状・口腔内や歯肉などに炎症性の潰瘍を繰り返し発症・痛みを伴う口腔アフタ・皮膚表面には、紅く硬結し痛みを伴う皮疹この...

ベーチェット病とは、原因不明の慢性疾患で自己免疫疾患のひとつとなります。・目・口・皮膚・外陰部・中枢・末梢神経・消化管・血管・関節など症状は全身に渡って現れる疾患です。ベーチェット病の炎症などの特徴とは口や目など粘膜組織のある部分は急性炎症の反復を起こす特徴があります。ほかの部分にも炎症を起こしたりするなどの症状を引きをこします。この病気の原因は分かってはいません。シルクロード沿いに起こりやすいと...

ベーチェット病と言えば、目の症状にフォーカスされることが多いです。一番怖い症状といってもいいかもしれません。失明の可能性が高いからです。しかし、今では適切に治療をすれば、失明の恐れはかなり低くなります。2004年に映画化された、さだまさしさんの短編小説集の表題作「解夏」があります。ベーチェット病を発症した主人公の男性が徐々に視力を失っていく過程を描いている映画です。このように、ベーチェット病では視...

ベーチェット病は様々な症状がでることで知られています。その中でもっとも重要な症状と言われているのが眼症状です。この眼症状をともなうベーチェット病に関して・・2004年に映画化された、さだまさしさんの小説「解夏」で有名になりました。また、同年に解夏のテレビドラマバージョンとして「愛し君へ」という題名でテレビ放送されました。徐々に視力を奪われる過程を描いた話です。本当に怖いと思います。この映画やテレビ...

ベーチェット病は眼症状が有名ですが、その他にも様々な症状があります。そのベーチェット病の主な症状の1つである口内炎にフォーカスします。ベーチェット病のほとんどの患者の方が口内炎を発症します。この口内炎はアフタ性口内炎と言われます。この口内炎はベーチェット病の初期症状として現れることが多いです。特に再発を繰り返すことが特徴です。注意すべき口内炎一般的な口内炎の原因といえば・・・・皮膚に傷がついたこと...

ベーチェット病の主な症状の一つで眼の症状があります。その眼の症状とはぶどう膜炎です。ぶどう膜炎というとあまり聞きなれない病名でしょうか。実際に目の組織にぶどう膜という場所があります。ここではそのような難しい話は省きます。ぶどう膜炎とは眼の中に炎症が起きた場合・・・これをぶどう膜炎と呼ばれます。ぶどう膜炎の症状そのぶどう膜炎の主な症状としては・・・目がかすむ・まぶしく感じる・痛み・充血・飛蚊症・視力...

ベーチェット病は様々な症状を引き起こす難病です。原因も特定されていません。今のところ完治はほぼ不可能とも言われています。そんな難病ベーチェット病の主な症状は・口内炎・陰部の腫瘍・皮膚の炎症・視力障害上記の4つが主な症状といわれ、この4つの症状すべてが出ると完全型ベーチェット病となります。この4つすべての症状が出てなくてもベーチェット病と診断されることがあります。その場合は不完全型ベーチェット病とな...

ベーチェット病の主な症状の内頻発する症状としてアフタ性口内炎があります。ベーチェット病の初期症状は症状の完治と再発を繰り返します。多い症状は目の症状のぶどう膜炎や全身の皮膚などの発疹または腫瘍です。初期症状としてもっとも多いのがこのアフタ性口内炎となります。その頻度は高く、繰り返します。この症状でベーチェット病を疑うこともあります。アフタ性口内炎とは通常のよく認知されている口内炎がアフタ性口内炎で...