ベーチェット病の治療

ベーチェット病の治療記事一覧

ベーチェット病は口腔粘膜の再発性アフタ性潰瘍、外陰部潰瘍、皮膚症状、眼症状を主な症状とする慢性の全身性炎症性疾患です。副症状として、消化器官潰瘍、急性あるいは慢性の神経病変、血管病変、関節炎、副睾丸炎などがあらわれます。眼症状は眼のぶどう膜に起こる炎症が原因で、発作を繰り返すと徐々に視力が低下し、失明します。治療によって失明を避けられるようにもなってきていますが、今も若年者の失明の大きな原因のひと...

全身に様々な症状がでる、国の難病に指定されているベーチェット病。もしベーチェット病の疑いが出てきた場合はどんな検査方法があるのでしょうか。まず、診断としては厚生労働省が示したベーチェット病の診断基準があります。ベーチェット病の4つの主な症状のすべてが出ていれば完全型と言われるベーチェット病と診断します。4つの主な症状とは・口腔粘膜症状・眼症状・外陰部症状・皮膚症状となり特に眼の症状は失明を起こす危...

ベーチェット病は現在の技術では完治しない病気です。もちろんベーチェット病は現在も研究段階にあり、治療法や薬も進化していってます。そのうち原因が解明され、治療法も確立されることとなるでしょう。しかし、現段階では完治しない病気です。このことから治療といっても出てる症状に対しての対処療法が主な治療方法となります。ベーチェット病は全身に様々な症状がでる病気です。その個々の症状が治まっても、また再発する可能...

ベーチェット病とは体の様々な場所に様々な症状がでる難病です。慢性的に症状を繰り返すという特長があります。現在ではまだ完治させる治療方法というものが出来ていません。現在もまだ研究段階にある病気です。その為治療は対処療法が主になることが多いです。つまり現れた症状に対して、薬などを使用して症状を抑えていくという治療方法です。このような治療では様々な薬が使用されます。ベーチェット病専用でない薬も多く使用さ...