ベーチェット病はうつるのか?感染の危険は?

ベーチェット病はうつるのか?感染の危険は?

スポンサーリンク

ベーチェット病は様々な症状を引き起こす病気です。
このベーチェット病は今はまだあまり解明されていない病気です。
難病に指定されていて、失明の危険性もある病気です。

 

その原因は遺伝と感染病原体という説が有力のようです。
感染病原体が原因なら他人にうつしてしまうことが考えられます。
しかし、ベーチェット病に関しては感染はないようです。

 

ベーチェット病は人にうつすことはないと考えていいです。
遺伝による発症は考えられるようです。

 

まだまだその辺りも解明されていません。

寛解、再燃を繰り返すベーチェット病

ベーチェット病は日本では10万人に20人が発症するといわれています。
これを多いとみるか、少ないと見るかは個人の見解によると考えます。

 

主に男性30歳〜40歳位の働き盛りの年齢で発症しやすいようです。

 

ストレスという要因も大きいようです。
やはりどんな病気であっても、ストレスというのは大敵です。

 

しかし、現代社会ではストレスレスというのはかなり難しいというか、ほぼ不可能に近いです。
ストレスにどう向き合っていくかは現代社会では重要なことです。

 

ベーチェット病は寛解、再燃を繰り返します。
この再燃に関してもストレスなどの要因が関わってきます。

 

なるべくストレスを溜めないような生活が大事です。

 

寛解、再燃を繰り返すベーチェット病です。
その治療は長期にわたるとされています。

 

しかし、病気を持ったまま、数年間再燃していないという人も多いです。
死亡例も非常にまれです。
なので、ベーチェット病と診断された場合は恐れずにしっかりと治療をした方がいいです。

 

ベーチェット病の症状の一つ眼病変があります。
こちらは治療が遅れると失明の危険もありますので、早期治療が大事です。

 

こういった、長期治療が必要で様々に症状に悩むことになるベーチェット病です。
しかし、他人にうつしてしまうことはないです。

スポンサーリンク

 

トップページ