ベーチェット病の疑いがある場合は何科を受診すべき?

ベーチェット病の疑いがある場合は何科を受診すべき?

スポンサーリンク

ベーチェット病は全身に発症する病気です。

 

通常は目の異常なら眼科いきます。
皮膚の異常なら皮膚科といったようにそれぞれの症状で受診する科を決めているばずです。

 

しかし、困るのが難病とされるベーチェット病では?と疑いを持った場合何科を受診すればいいのでしょうか?

 

一番よく考えられるのが大きな病院にいって受付で聞くことや、電話で聞くことを考えます。
しかし、大きな病院が近くにないことや、仕事の都合上なかなか大きな病院にいけない場合があります。

ベーチェット病の疑いはリュウマチ科へ

そんな場合はリュウマチ科を受診するといいです。
ベーチェット病は膠原病に非常に似通ってします。

 

リュウマチ科にそのような専門医がいる可能性があります。
迷ったらリュウマチ科でいいと思います。

 

また、大きい総合病院に行けるのであれば、内科でもいいです。
そのときは医師にベーチェット病では?と尋ねてもいいでしょう。

 

ベーチェット病の疑いがあるのであれば、他の科へと回してもらえます。

 

また、ベーチェット病と診断された場合は、複数の科の医師が担当することとなります。
例えば、リュウマチ科で診断されたから、リュウマチ科に通うということではありません。

まとめ

ベーチェット病lは様々な症状が出てくる病気です。
皮膚の症状が出てれば皮膚科、目ならば眼科といった感じにいろんな科で診察を受けるということになります。

 

なので、ベーチェット病で通院するということになれば、総合病院となります。

 

また、検査について、血液検査で高額となりますが、HLAという血液検査があります。
これはベーチェット病の検査としては有効です。
ベーチェット病の疑いがあるのであればやっておくといいでしょう。

 

このように、ベーチェット病は様々な症状が出ます。
何科を受診するのかは、主にリュウマチ科になります。
しかし、明確には決めることができません。

 

結局のところは症状を確認して総合病院で検査を受けるのが、一番いい方法となります。

スポンサーリンク

 

トップページ