ベーチェット病は治る、完治するのでしょうか?

ベーチェット病は治る、完治するのでしょうか?

スポンサーリンク

国の難病に指定されているベーチェット病。

 

ベーチェット病が報告されたのは1937年のトルコです。
このベーチェット病は様々な症状を引き起こす病気で原因はまだ解明されていません。

 

その為、治らない・・・と考えた方がよさそうです。
寛解については長期を必要とすることが多くあります。

 

治療は長期にわたって行っていかなければならないということになります。
寛解しても、症状の再発もおこります、

 

つまり一生付き合っていき病気であるといえます。

 

しかし、このベーチェット病は20年位すると症状が出ない期間が多くなるようです。

完治しないベーチェット病

このベーチェット病は再発・寛解を繰り返すことで知られています。
つまり20年位すると寛解の期間が長くなり、再発しにくくなるということになります。

 

しかし、それでも完治しない病気です。
再発をしなくてもずっと病気を持ったままの生活になります。

 

現在は完治は不可能で、病気の沈静化はできるということです。
個人差が非常に大きいようです。

 

ベーチェット病はいまだに謎の多い病気です。
病気の原因や発症の原因も不明です。

 

ですので、現在のところ予防も不可能です。
他人にうつしてしまうことはありません。

 

しかし、遺伝に関しては、関連性があります。
ベーチェット病になりやすい家系というのも報告されています。

まとめ

治療に関しては、様々な症状がでますので、それに応じた対処療法になります。
つまりベーチェット病は原因不明のため、根本的な治療法が存在しません。

 

しかし、ベーチェット病は原因や治療に関しての研究が現在行われています。
ベーチェット病の薬も開発されていますし、治療方法も進行中の研究により、進化を続けています。

 

謎の多い病気ですが、今後その謎が少しづつでも解明されていくことと思われます。

スポンサーリンク

 

トップページ