ベーチェット病の疑いがある場合生命保険の加入はできる?

ベーチェット病の疑いがある場合生命保険の加入はできる?

スポンサーリンク

ベーチェット病は国の難病に指定されています。
そして、このベーチェット病は完全型、不全型、特殊型という診断があります。

 

また、ベーチェット病の疑いがあるという診断をもらう場合もあるようです。

 

上記にも記述しましたように、ベーチェット病は国の指定の難病です。
そうなると生命保険に入ることができるのか・・・
というのは気になるところと思います。

 

このような場合やはり保険の会社からみれば、相当なリスクとなります。
通常の保険の加入は厳しくなります。

生命保険の加入について

注意すべき点は入れないわけではないということです。
審査が厳しくなるということです。

 

引き受け緩和型と呼ばれるような、割高な保険となる可能性が高いようです。

 

また、補償は小さくなりますが、コープ共済などの緩和型のコースには加入できる可能性は高いです。

 

しかし、実際には保険会社に問い合わせてみなければ、わからないということになります。

 

今自分が抱えている疾患を伝える必要があります。
そして、保険加入が可能かどうか、可能ならどのプランなら加入できるのかを詳細に聞いておいた方がいいです。

 

おそらく保険料は高くなるので、保険料との兼ね合いを考えて加入した方がいいです。
数社に相談して見積もりを貰うなどの対応です。

 

生命保険は収入などの問題で、解約をしてしまったり、加入を見送ったりして後回しになりがちです。
たしかに生活を優先します。

 

しかし、いつ病気になるかということはわからないので、備えは必要です。
出来れば病気になる前に生命保険に加入する必要があります。
または、生命保険に加入せずに支払う位の金額を毎月、もしものときのために貯金するというやり方があります。

まとめ

このベーチェット病は難病に指定されているため、治療費の助成が受けられる場合があります。
詳しくは下記記事を参考にしてください。
ベーチェット病は治療費の助成が受けられます

 

備えはどのような方法がいいかは、個人の判断によるものですが、備えは必要です。
もし、今元気であっても備えをきちんと考えることをおすすめします。

スポンサーリンク

 

トップページ