ベーチェット病のぶどう膜炎の診断とは

ベーチェット病のぶどう膜炎の診断とは

スポンサーリンク

ベーチェット病の主な症状の一つで眼の症状があります。
その眼の症状とはぶどう膜炎です。

 

ぶどう膜炎というとあまり聞きなれない病名でしょうか。
実際に目の組織にぶどう膜という場所があります。

 

ここではそのような難しい話は省きます。
ぶどう膜炎とは眼の中に炎症が起きた場合・・・
これをぶどう膜炎と呼ばれます。

ぶどう膜炎の症状

そのぶどう膜炎の主な症状としては・・

・目がかすむ
・まぶしく感じる
・痛み
・充血
・飛蚊症
・視力の低下

このような症状が主にでます。

 

この症状は片目だけの場合もあります。
稀に両目に現れることがあります。

ベーチェット病のぶどう膜炎の場合

症状が治まってもまた再発してしまうといった特徴があります。
まただんだん症状が重くなっていくこともあります。
つまり、再発の度に視力が低下していく場合も多くあります。
これが失明の原因となります。

ぶどう膜炎の原因は

・ベーチェット病
・サルコイドーシス
・原田病

このような自己免疫病でなることが多いです。
主に3割はこの自己免疫病によって引き起こされる病気となります。

ぶどう膜炎の診断

ぶどう膜炎の検査については、一般的に行われる眼科の検査をします。
それに加えて、血液検査やレントゲンなどの全身検査をおこなったりもします。

 

また、症状や起きた状況なども検査には重要な要素となります。
検査を受ける場合は状況を自分の中で整理しておくといいです。
この病気は診断が難しい病気の一つです。

 

このぶどう膜炎の診断は上記のような検査と問診などによって総合的に判断します。

 

ぶどう膜炎の治療については、内科的に治療することが基本となります、
このぶどう膜炎は細菌などが原因となっています。
その細菌に有効な薬をしようします。

 

それに加えて、副腎皮質ステロイドの点眼が処方されることが多いです。

 

ぶどう膜炎は治療が長期化しやすい病気です。
また、早期治療を行わないと失明の恐れもでてきます。

 

ベーチェット病にかかると失明の恐れがあるのはこのためです。

スポンサーリンク

 

トップページ