ベーチェット病と睡眠やストレスの関わりとは

ベーチェット病と睡眠やストレスの関わりとは

スポンサーリンク

ベーチェット病は現在の技術では完治しない病気です。
もちろんベーチェット病は現在も研究段階にあり、治療法や薬も進化していってます。
そのうち原因が解明され、治療法も確立されることとなるでしょう。
しかし、現段階では完治しない病気です。
このことから治療といっても出てる症状に対しての対処療法が主な治療方法となります。
ベーチェット病は全身に様々な症状がでる病気です。
その個々の症状が治まっても、また再発する可能性があります。
症状がなくてもベーチェット病自体は持っていますので、再発させないように考えなければならないのです。
しかしそう簡単に、再発させなくすることはできませんし、個人差もあります。
でもベーチェット病を悪化させない、そして治まった症状を再発させないように気をつけることは大事です。

スポンサーリンク

どの病気でも同じことが言えると思いますが、ストレスを溜めないことが非常に大事となります。
ストレスをなくすことはほぼ不可能ですので、できる限り溜めないようにする。
考えすぎないようにすることが大事です。
なかなか難病を抱えてると難しいですが、プラス思考だとストレスは軽減されます。
また、単純なことですが、夜更かしをしないで、しっかり睡眠をとることです。
そして暴飲暴食をさけて、規則正しい生活を送ること・・・・基本はどの病気でもすべて同じです。
ストレスと同様にこの睡眠というのも、病気を再発させないことには重要なことです。
長く眠ればよいということではなく、早寝早起きの生活が大事です。
人間の本来の生活パターンです。
このように、一生難病といわれるベーチェット病と付き合わなければならない場合は、つらいですが免疫力を低下させないような生活を心がけてください。
そうすることによって、ベーチェット病だけでなく、その他の病気を防ぐこととなります。
また、ベーチェット病の予後は悪くないことが多いです。
目の症状ブドウ膜炎は失明の危険があるので十分に注意する必要があります。

スポンサーリンク

 

トップページ