ベーチェット病の繰り返すアフタ性口内炎の頻度とは

ベーチェット病の繰り返すアフタ性口内炎の頻度とは

スポンサーリンク

ベーチェット病の主な症状の内頻発する症状としてアフタ性口内炎があります。
ベーチェット病の初期症状は症状の完治と再発を繰り返します。
多い症状は目の症状のぶどう膜炎や全身の皮膚などの発疹または腫瘍です。
初期症状としてもっとも多いのがこのアフタ性口内炎となります。
その頻度は高く、繰り返します。
この症状でベーチェット病を疑うこともあります。

 

アフタ性口内炎とは
通常のよく認知されている口内炎がアフタ性口内炎です。
つまり口内炎といえばアフタ性口内炎と思ってもいいです。
このアフタ性口内炎は度々できてしまうという特徴があります。
原因は
口の中を噛んだりしてしまい傷がついてそこが腫れてしまうこと
ストレスや疲労、ビタミンCなどの栄養の不足が考えられます。
傷から細菌が侵入したり、免疫力が低下した場合に多く起こることがあります。

スポンサーリンク

しかし、ベーチェット病の場合はこのような原因がなくても現れてきます。
原因がないのに高い頻度でアフタ性口内炎ができる場合は要注意となります。
注意すべきはアフタ性口内炎は知らない内に出来てしまっているということが多いです。
原因があるのにそれに気づかないことも多いです。
口内炎が頻発するからベーチェット病ということではありませんが、
気になる場合は専門医に相談するといいでしょう。
ベーチェット病ではないと診断されればそれはそれで安心できます。
またベーチェット病と診断されても、早期治療を行うことができます。
気になったら病院は大事です。

 

アフタ性口内炎の主な症状は2ミリから6ミリ位の大きさの腫れが口内(舌を含む)にできます。
表面は白い状態になっていて、中心部分が陥没した状態になっていることが多いです。
口の中の細菌が口内炎を悪化させる原因ともなりますので、舌などで患部を触らないことも大事です。

 

このようにベーチェット病は高い頻度で繰り返すアフタ性口内炎が初期症状として見られることがあります。
しかし、繰り返す口内炎がベーチェット病とは限りませんし、他の病気や原因の場合も多くあります。
高い頻度で口内炎を繰り返す場合は病院で診察を受けましょう。

スポンサーリンク

 

トップページ