ベーチェット病の概要と検査費用について

ベーチェット病の概要と検査費用について

スポンサーリンク

ベーチェット病とは

・口腔粘膜のアフタ性潰瘍
・皮膚症状
・外陰部潰瘍
・眼症状

4つの症状が慢性的に再発する前身の炎症性疾患の一種です。

 

その他の症状として関節炎や消火器病変なども発生することがあります。

 

この症状は男女ともに発生率は同じでという研究結果があります。

 

しかし、男性のほうがより重症化しやすい傾向にあります。
内臓病変や神経病変、血管病変の発生が女性よりも高い確率で発生しています。

 

特に若年性の発症の場合には重症化しやすいと言われています。
最悪の場合には失明に至ることもあるため、注意が必要といえます。

 

このような症状の病院は未だ解明されていません。
何らかの遺伝子要素や感染病原体などにより白血球の過剰が引き起こすとされています。

 

そのため、早期発見及び早期治療が必要とされています。

検査内容とその費用

ベーチェット病の検査は主に血液検査により行います。

 

血液の中の白血球の数やCRP、赤沈などで炎症の程度を測定します。
lgD値の上昇やHLA-B51という遺伝子の型が深くかかわっていることが明らかとなってきています。
これらの数値を測ることで判明することができます。

・腸型ベーチェット診断
・血管型ベーチェット診断
・神経ベーチェット診断など症状

このような症状により行う検査の方法も異なってくる場合があります。

 

このようにな方法を行うために病院にてかかる費用においては約3万円から5万円となっています。

 

しかしながら、症状が判明した場合には特別疾患であるため払い戻しの対象となることが多くなります。
実質支払い費用が軽減されることが多くなっています。

 

また、1度受けたら2度と受けなくてもよいため、比較的安心して診断を受けられます。

スポンサーリンク

 

トップページ