ベーチェット病の症状の一つである発熱について

ベーチェット病の症状の一つである発熱について

スポンサーリンク

ベーチェット病は、膠原病の一種であり、回復と再発を繰り返す厄介な病気です。

 

比較的マイナーな病気なので、知らない方も多いかもしれません。

 

この病気はトルコの皮膚科医が発見しました。
何故か中国・韓国・日本・中近東などのシルクロードで多く見られるのです。

 

患者の多くは20〜40代で、男女差はほとんどありません。
この病気は、今のところ原因不明とされています。

ベーチェット病の主な症状

主な症状としては、慢性的に目や口、粘膜、皮膚などに症状が出ます。

 

具体的には、口腔内の潰瘍があります。
これは口の中の粘膜が欠けて白くなったり、赤くなったりするのを繰り返します。

 

次は外陰部の潰瘍です。
これは皮膚が欠けて白くなったり、赤くなったりを繰り返します。

 

さらに、最も重要なのは目の炎症です。

 

これは眼球を覆っているブドウ膜や光彩に炎症が起きます。
酷い場合には失明してしまいます。

 

その他、毛もう炎があります。
これは毛の生えているところに炎症が起きます。
結節性紅斑は足に赤い発疹が出来ます。

その他の症状

・関節炎
・精巣上体炎
・血管の症状
・運動麻痺
・痴呆
・発熱
・嘔吐
・意識障害
・人格変化
・ものが二重に見える

このような症状があります。

まとめ

しかし、上記のような明らかな症状や、上記で述べた細かな症状でベーチェット病と判断することは出来ません。

 

病院での検査でも、まずは白血球の増加が見られますが、それだけで、判断するこは不可能です。

 

しかし、正式に判断された場合には、症状によって
「腸管型」
「血管型」
「神経型」
の3種類に分類されます。

スポンサーリンク

 

トップページ