ベーチェット病は保険加入が可能なのか?

ベーチェット病は保険加入が可能なのか?

スポンサーリンク

ベーチェット病は難病指定されている病気です。
症状としては

・口内炎が起きやすくなる
・皮膚が弱くなり、炎症を起こしやすくなる
・眼がぶどう膜炎をおこし、見えにくくなる、見えなくなる

このような症状があります。

 

この病気の原因は現段階では不明であるとされています。
主に周辺環境・遺伝が原因ではないかという説があります。

 

この病気はアジアに多い病気であり、それがこの説をさらに理由づけています。

 

この病気は悪化すると、これら以外の症状を引き起こすことがあります。
神経や消化器系に異常をきたし、麻痺などといった症状が出ることがあります。

 

それに加えて心臓や肺・腎臓に異常をきたしたりします。
また、難聴になったりといった症状も引き起こす場合があります。

ベーチェット病の場合の保険加入

このベーチェット病である場合、保険加入することは可能なのでしょうか。

 

これに関しては通常の保険に加入することは難しいです。
近年増え始めている引受基準緩和型の生命保険であれば加入できる可能性があります。

 

通常の保険よりは保険料が高めになってしまいます。
保険に加入しないよりは死後保険金が下りたりと絶対に良いので、加入をお勧めします。

 

この病気の治療に関しては難病指定されています。

 

このことから、医療費助成対象となっています。
一定の基準を満たせば公費負担で治療を行うことができます。

 

この基準となる症状は主な症状のうちの眼以外のものをすべて発症しており、関節炎などといった炎症を伴う症状が発症している場合であるステージ2以上の段階となります。

 

また、治療費の助成については、下記記事を参考にしてみてください。
ベーチェット病は治療費の助成が受けられます

スポンサーリンク

 

トップページ