難病ベーチェット病の医療費助成制度を利用するための申請方法

難病ベーチェット病の医療費助成制度を利用するための申請方法

スポンサーリンク

ベーチェット病は難病指定されている病気です。
この病気は視力が突然悪くなる、口内炎が出来やすくなります。
皮膚が急激に弱くなるなどと言った症状が挙げられます。

 

そしてこの病気の症状が進むと関節炎や血管・神経に異常をきたします。
麻痺や心臓・腎臓・肺に異常が出るようになってしまいます。

 

この病気は完治する治療法は現在存在しません。

 

現代におけるこの病気の治療法は

・皮膚に対する軟膏などでの治療
・目の網膜ぶどう膜炎に対しては内服薬

このような治療を行います。

 

この病気は完治したとは言いません。
寛解といい、治ったと思っても数年後に症状が再発する病気です。

 

この病気が悪化した場合の症状としては網膜ぶどう膜炎による失明などがあります。

ベーチェット病の医療費助成制度を申請

それでは、ベーチェット病の医療費助成制度を申請するためにはどのような条件があるのでしょうか。

 

この病気は難病指定されています。
医療費が全てではないものの患者の世帯収入にあわせて医療費の補助が出ます。

これを申請するためにまず必要な書類

・ベーチェット病気であることを証明する医師による診断書
・その地域に住んでいることを示す住民票
・世帯収入のわかる書類
・保険証

などが必要となります。

 

この制度を利用していると入院している際にかかる費用は自費負担となってしまいます。
しかし、自己負担を最低2,500円、最高でも30,000円に抑えることが出来ます。

 

この制度を利用する際に気を付けなければいけないのが、1年ごとに更新しなければいけない点です。

スポンサーリンク

 

トップページ